気軽につづけるおいしい玄米

『美人玄米ごはん』が加わり、
さらにお手軽になりました。

デザイナーフーズ・プログラムと美人玄米

先生に聞く

デザイナーフーズ・プログラムと美人玄米

『デザイナーフーズ・プログラム』という言葉を聞いたことがありますか?
これはアメリカの国立がん研究所(NIH:National Institutes of Health)が1990年に始めたプロジェクトです。
このプロジェクトが始まった背景には、ガン患者の急増がありました。その原因を追及するにあたり、ガンと食品、特に植物性食品との関係が着目されたのです。
プロジェクトの内容は、ガン予防に有効な食品成分を野菜や果物から見つけ出し、分析方法を確立したり有効性を科学的に証明したりすることや、その分析結果をもとに、ガン予防効果を持つ飲食物を製造することでした。

大規模な食生活に関する疫学調査のデータは、食品学・栄養学・医学などの多彩な分野で分析が行なわれました。そして、動物実験による発ガン性の実験結果から、何らかの発ガン抑制効果が認められた野菜や果物、ハーブの40種が『デザイナーフーズ・リスト』として公表されました。
さらに、この40種類を発ガン抑制効果に対する重要度が高い順番に3つのグループに分け、ピラミッド形にならべました。
これが図に示した『デザイナーフーズ・ピラミッド』です。
最上位にはニンニク、キャベツ、カンゾウ(甘草)、大豆、生姜、セリ科のニンジンとセロリとバースニップ(アメリカボウフウ)の8種類が入っています。

この図を見ると、私たちが日ごろ食べなれた野菜や果物などが少ないので、少し戸惑うかもしれません。しかし、この調査はあくまでもアメリカで行われたもので、アメリカで食べられている食品が対象です。
日本でおなじみの食品をリストの分類で検討すると、セリ科はアシタバ・パセリ・ミツバ、ナス科はパプリカ・シシトウなどのトウガラシ類、アブラナ科にはチンゲンサイ・カラシナ・タカナ・カイワレナ・ダイコン・ワサビなどがあります。これらの食品に含まれるポリフェノール類には、既に有効性が証明されたものもあり、NIHの報告と同じような効果も期待できるものと考えられます。

ガンは日本人の死因の第1位で、増加傾向にあります。ガン予防は、日本でも大きな課題です。『デザイナーフーズ・リスト』や日本の研究から、穀類・豆類・野菜・果物などの植物性の食品を積極的に食べることは、がんの予防効果に有効だと考えられます。

ところで、美人玄米はピラミッドの最上位の大豆と2番目の玄米で構成されています。
美人玄米の位置づけは主食ですから、毎日食べ続けるということはガン予防に対する積極的なアプローチといえるのではないでしょうか。
まさに、エネルギーの供給にプラス効果が期待できる『新主食習慣』といえるでしょう。

デザイナーズフーズ・ピラミッド

図:デザイナーズフーズ・ピラミッド

 
膳オンラインストアへ

姉妹品

からだの中から輝いて~美人玄米GOLD(ゴールド)
GABA(ギャバ)の恵(めぐみ)
お米専門店・膳オンラインストア
美人食堂のレシピ
オクモトお米づくりの学校

せら高原で農業体験!

田植えから稲刈りまで、子ども達の奮闘振りをアルバムにしました。

膳グループ 膳グループサイト 株式会社 膳 株式会社オクモト ライズみちのく販売株式会社 有限会社ハーモニーフーズ 膳ファーム 手むすび工房膳七
おむすび膳七
農林水産省新ガイドライン

今年度の特別栽培米に使用される農薬の使用状況についての報告です。

 
 
ページ先頭へ戻る
 
Copyright(c)2000-2017 Okumoto Co.,Ltd All Right Reserved.